INGMコラム

ここでは世界の出来事から身近な仕事の話題などを取りあげていきます。

参議院選挙をどう見る?

7月10日は参議院選挙ですね。

ニュースでは、都知事選の方が報道されている数が多いような気がします。

 

今回の参議院選挙、注目すべき争点はどこなのか?

 

経済、子育て、年金、雇用など気になる点はたくさんあります。

 

今回、私が注目する点は、憲法改正です。

 

基本的な部分として抑えるべき点は

 

「各議院の総議員の3分の2以上の賛成で、国会が、これを発議し

国民に提案してその承認を経なければならない。

この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行われる投票において

その過半数の賛成を必要とする。」

 

 

これが憲法改正の要件になっています。

衆議院においては、自民・公明で2/3以上の議席があります。

参議院では与党(政権:自公)2/3以上に達していませんが

今回の選挙でどうなるか。というのが注目であります。

 

ニュース、新聞では、与党で2/3以上、自民で過半数は確実と

報道しているのが目に付きます。

 

また、憲法改正という点においては

野党でも改正を支持している政党はあります。

 

 

このような世界情勢を見れば憲法改正の必要性が

高まることも理解できます。

 

懸念すべき点は、憲法改正の進め方だと思います。

冒頭で書いたように、日本は様々な課題があります。

経済政策に魅力的な政党でも、憲法改正に積極的な面が見えると

気が引ける。などの有権者もいるかもしれません。

当然、その逆の意見もあると思います。

 

ただ、与党若しくは憲法改正へ前向きな政党(野党)で

2/3以上議席確保できれば、間違えなく国民投票まで進むことでしょう。

この政治の進め方をどう感じるか、どう受け取るかです。

 

 

 

私たちは、イギリスのEU離脱国民投票から何を学ぶのか

この残り少ない日数の中で、自分なりの意見を選挙にぶつける

必要があるのではないでしょうか。

≫ 続きを読む

2016/07/08   ingm

助成金をうまく活用する

平成28年度に入り、助成金に新たな動きがありました。

 

これまで中小企業労働環境向上支援助成金からはじまり

職場定着支援助成金と名前を変えながら、労働環境向上に関する助成金がありました。

 

 

これらの助成金は重点分野の業種限定の助成金でした。

それが今年度よりその限定が解除され多業種へ範囲拡大が決まりました。

 

 

さぁここで、理解して頂きたいことは

日本国は申請主義ということです!!

 

どうゆうことか??

つまり受給適応条件に合っていても自分で申請しないと

もらえないということです。

 

分かり易いところで言えば、生活保護を受給することを

イメージしてもらえればと思います。

 

生活が困難だからといって、国が自動的に支援してくれるわけでは

ありません!!

 

これが申請主義なのです。

 

また、このような助成金関連は、幅広く告知していることは少なく

多くの場合、関連する官公庁のHPなどで告知しています。

 

興味がなければスルーするということです。

 

 

あくまで助成金はお金だけをもらうことが目的ではなく

決められたルールの基で、国が支援するといった形のものです。

 

 

当然に導入する制度とその結果を今回の助成金は求めています。

それらをクリアしたところで受給となります。

 

詳しくはインフォメーションで流しておりますので

ご興味ある方は、ご覧下さい。

 

 

 

≫ 続きを読む

2016/04/14   ingm

新人は何を目指すべきか

新入社員は何を目指して業務にあたるのか?

 

当然、「いち早く一人前になること」が挙げられると思います。

 

では、「一人前」とはどういうことでしょうか。

ここが先輩社員と新入社員との意識の差があると困ったことになります。

 

 

まず、新入社員に先輩が期待する声として

 

1位  素直さ

 

2位 学ぶ姿勢

 

3位 ホウレンソウ

 

というアンケートデータがあります。

 

では素直さとは・・・

 

まずは、自分が何ができて、何ができないのか。

何を知っていて、何を知らないのか。

これらのことを自分自身で理解することが大切です。

つまり、「無知の知」です。

 

これを前提として、学ぶことへのスタートを踏み切ることができます。

新たな業務を経験し、見直し作業が発生します。

 

その時に重要になってくるのが「気づき」です。

「気づき」とは基本的に2つの形しかないと思います。

1つ目、自分で気づくこと

2つ目は、他に気づかせてもらうこと

 

新入社員は大抵、2つ目のケースが多いです。

その際の教わる姿勢や助言をもらった際の態度が

先輩が求める内容に繋がってくるのだと思います。

 

これらを踏まえて「一人前」を目指すこととは・・・

 

1.言ってもわからない人・・・・・・・・困った新人
2.言われたらわかる人・・・・・・・・・普通の新人
3.言われてなくてもわかる人・・・・・・できる新人
4.言われなくてもやる人・・・・・・・・一人前
5.やるべきことを自ら考えてやる人・・・一人前、管理職

※西尾太氏の著書より

 

西尾さんは上記な内容を本の中で書いています。

非常に分かり易い表現だと思います。

 

新入社員はここを目指すことを意識すると良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

≫ 続きを読む

2016/04/06   ingm
お気軽にお問い合わせ下さい

TEL 045-438-9883

受付時間:平日
10:00〜19:00

FAX 045-438-9884

受付時間
24時間受付